<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お蚕さんたち、生まれて食む、おいしい桑

これが蚕の卵。
d0180458_9543960.jpg


蚕のえさになる桑を
知り合いの養鶏農家の近くで採取しました。
成長点から数えて2〜3枚目の大きな葉が良いそうです。
なるほど、おいしそう。
d0180458_9595992.jpg


卵の近くに桑の葉を散らしておくと、、、、
d0180458_1022778.jpg

みえますか?
葉っぱに黒い小さいカタマリのように付いてるのが蚕たち。
d0180458_103410.jpg

卵から孵ったばかりの蚕が
誰に言われるでもなく
本能で葉っぱにたどり着き
もぐもぐと食べていることに皆感動。
d0180458_10112371.jpg

始まった蚕ライフ!


蚕の飼育の様子のレポートは、このわた部ブログから独立し、
「わた部のお蚕日記」ブログはじめます。
http://okaiko.exblog.jp/

よろしくお願いいたします!
[PR]
by watabu_tsukuba | 2012-05-28 23:50 | 蚕の飼育

やっと、種を蒔く日!

延期に延期を重ね、
やっと来た種まきの日、
ピカピカの新入部員たちも加わり、
畑を貸してくれているSさんもうれしそう。
d0180458_2241894.jpg


さわやかな朝、
もりもり畑を整備します。
d0180458_2255398.jpg

d0180458_2264750.jpg

筑波山もうれしそう〜



近くの乗馬場からいただいた栄養満点の馬糞と
おがくずを混ぜたものを
土の上に満遍なく敷きます。
d0180458_2275373.jpg

Sさんが機械で混ぜていきます。
d0180458_2295343.jpg

次の行程、
「畝立て」は以外と難しい〜!
まずはSさんの見本を見ます。
d0180458_22401954.jpg

いいかんじ〜
d0180458_22131251.jpg

ここまでで前半終了。






d0180458_2212635.jpg
お昼休みをはさんで、
種まきスパート!
でも、ひ弱な現代人ががんばりすぎて、なんだかクタクタ。
「これが終ったら、おいしいアイスを食べよう!」と、
思い描いてがんばりました!
d0180458_2249163.jpg

昨年の何倍の面積があるのだろうか。、、、
今年の畑は、広いです。
約、18m×10メートルかな。
これから始まる夏。
草取りがんばらなくっちゃ。
[PR]
by watabu_tsukuba | 2012-05-27 22:37 | わた部の活動

夏日に苗づくり

押しまくっている種まきスケジュール。
来週を逃せない!と、
S建築研究所に少人数集まって、
苗をつくる事にしました。
全部、直播きでも良いのですが、
部分的に苗にしたのも植えてみよう、と思いたったからです。



ポットに土を入れ、
3~5粒、ぽろぽろと種を入れます。
昨年収穫した綿と、
d0180458_23394666.jpg
みどりわたも作ってみることにしました。
d0180458_2341765.jpg
3歳のRちゃんもお手伝い。土をかぶせていきます。
d0180458_23415164.jpg

最後に水をかけ、
あとは来週を待つだけ。



その後、、、
d0180458_23431916.jpg
作業していた場所の横を
ついでに耕して花壇つくっちゃったS建築研究所のM所長、バイタリティあるなあ。
d0180458_2345419.jpg
そのまたついでに
花壇を耕してたら出て来た石を、ぬかるむ場所に設置!

隙あらばクリエイティブ!
竜巻があった北条で、今日もアイデアが生まれてます。
[PR]
by watabu_tsukuba | 2012-05-19 23:38 | わた部の活動

藍の芽がでてた〜

d0180458_1028199.jpg
竜巻から一週間、
何が出来るかわからないまま、心落ち着かず。

そんな中、ちょっとほっといていた
藍畑の様子を見てみました。

ちゃんと芽が出てました。
かわいい。
[PR]
by watabu_tsukuba | 2012-05-13 14:16 | 藍の畑

畑の整備、と、竜巻。

d0180458_20105295.jpg

朝から、神郡の畑の整備。
来週末にはわたの種を蒔くので、草を刈ります。
完全武装のわた部員たち。
d0180458_2012775.jpg

初めての草刈機。
畑を貸してくださっているSさん指導の元、
ギザキザの刃で草をカットしていくマシンと、
二本のヒモが高速回転してカットしていくマシンと二種類を使って作業。
今年は作付け面積を広くしました。
けっこう時間がかかりました。

昼頃、I部長とこども部員Rちゃんが、
「ひとあし先にお昼ごはんの準備するから、終ったら家にきてね〜」
と、畑のある神郡地区のとなり、北条地区の家の方へ帰っていきました。

その後、草刈りを続行、
刈る草が舞い、風が強くなっていくのがわかりました。
苦労の甲斐あって、こんなにきれいになりました!
d0180458_20135537.jpg


集中して草刈り中していると、
視界に突然白い丸いものが降ってくるのが見えました。
d0180458_21484635.jpg


デカイ。あめだまのよう。
d0180458_19515097.jpg
「イタタタ・・・!もう終ろう!早く帰ろう!」
部員たちも急いで撤収!
畑を貸してくれているSさんが
「もうかえっちゃうの?
 今日こそは、僕がつくった野菜、持っていってたべて?
 そこのビニールハウスに来てよ。」
部員たちは、「じゃあ、すこしだけ。。。。」
いつももらってばかりで悪いな、と思いながら、畑から鼻の先のSさんのビニールハウスへ。
Sさんが手塩にかけた水菜やレタスがきれいな野菜たち。
d0180458_19522925.jpg


野菜をいただいていると、はんてんやM部員の電話がなりました。
「竜巻がきてるよ。気をつけて」との情報が。
外をみてみると、筒のような雲のかたまりが見え、
中にいろいろなものがキラキラと光りながらゆっくり回旋しているのが見えます。
「わあ、竜巻だあ」
皆、はじめてみる竜巻を見つめるばかり。
d0180458_19553287.jpg

そうしているうちに、だんだんこちらに近づいている気がします。
d0180458_19542197.jpg
(白い家の前がわた部の畑です)
こわくなって、
車で移動できるように車の前で様子を見入っていました。
さきほど整備したわた部の畑の後ろの森まで迫っているようでした。
「竜巻があの森を越えたら逃げよう」


畑を貸してくださっているSさんは言いました。
「大丈夫。だんだん斜めになってきたから、きえるよ」

竜巻の傾斜がおおきくなり、ある時、フワッと空のほうへモヤモヤしたものやキラキラしたものが
上昇していきました。
その時はすぐ上空を上昇していったように記憶します。

「消えた。」

先に北条へ行ったI部長が心配です。

電話すると無事との事。
部員たちも向かいました。
I部長の家には車いすのおばあちゃんが留守番していました。
「こわかった。ゆれたよ」
とつぶやいていました。

皆で顔を合わせ一息ついた後、
瓦礫の街を歩きました。
こんな悲惨な情景はかつて見た事がなかった。。。
d0180458_21252657.jpg


街を歩くと、お世話になっている、いつもの面々が、片付けをしている。
一生懸命やっている顔は、
皆こわばっていた。

出来ることをしよう。
Mさんのご実家は斜めに傾いていた。
追い打ちをかけるように、また雹が降り、
冷たい大きな雨が街に降った。
屋根が無くなったSさん家はビショビショ。
あるだけのビニールシートで保護したりガラスを片付けたり、
ほんとうに少ししか出来る事がありませんが、
今後もお手伝いしていきたい、と思っています。
[PR]
by watabu_tsukuba | 2012-05-07 11:47 | わた部の活動