<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

二十四節気 処暑〜綿柎開く(めんぷひらく)〜

d0180458_11114390.jpg
今日は先週のつづきで、台風に備えて添え木をたて、茎を結んでいきます。
背丈がとっても大きくなったのですが、
それは前の年に作ったものの栄養が残っているらしいのです。
しかし、2列だけ低い列があり、そこには肥料をあげました。

今の時期は二十四節気でいう「処暑」。時候は
「天地始粛(てんち はじめて しゅくす)」・・・ ようやく暑さが鎮まる
「禾乃登(か すなわち みのる)」・・・稲が実る
そして、「綿柎開く(めんぷひらく)」・・・綿を包む咢(がく)が開く時期。


わたの実を開いてみたら、
d0180458_11101382.jpg
ちゃんと繊維になってる。。。。感動です。
d0180458_11105544.jpg
秋に収穫するのが楽しみです。


畑には、これまでになく たくさんの種類の生き物でにぎわっており、
まるで夏祭りのようです。
「あ!」はんてんやM部員の麦わら帽子に自然に乗ってたカマキリ。草の中にはきれいな細長いカマキリがたくさんいました。
d0180458_10563773.jpg

「ひゃ!」M部員の声。わたの茎にぺっとりお腹をつけてカエルが眠っていました。
d0180458_10545768.jpg

その他、トンボ、カブトムシ、いろんな虫を発見しつつ作業します。
バタバタと羽音をたてて移動した虫はバッタ。
はじめて「バッタ」の名前の由来を意識しました。
草をかきわけると、こおろぎがでてきます。
秋はもう、そこまで来ていると感じます。



その後、畑を貸してくださっているSさんのじゃがいも掘りのお手伝い。
土の中からゴロゴロと食べれるものが出てくる喜び!
d0180458_11133047.jpg
作業の合間にI部員の差し入れのアマーいスイカをほおばりました。
d0180458_1126852.jpg

「綿は口に入れられないからなあ」と言って、
Sさんが油をたっぷり使って、ナス炒めを作ってくださいました。
ニンニクペーストをたっぷり絡ませていただきました。
d0180458_10475981.jpg

収穫のよろこびを一足先にかみしめ、
秋の綿畑を想像しました。
[PR]
by watabu_tsukuba | 2011-08-28 19:48 | わた部の活動

もりもり育つ綿

d0180458_10424395.jpg

昨夜からずっと雨だったのですが、
倒れている綿がある、ということで、
合間を縫って畑にきた部員たち。
畑についてみると「わー!」
昨年よりも比べ物にならないくらい大きく育って、花もたくさん付いています。

カラフルなおニューの作業帽を被ってハイテンションな部員たち。
d0180458_10385699.jpg

今後の台風にも備えて、
Sさんのご指導のもと
添え木を立てる事にしました。
一本づつに添え木を立てる方法ではなく、
列ごとに柵のような骨組みを作り、横棒にそれぞれの茎をくくりつけていく方法にしました。
d0180458_10514425.jpg

列の両はじと数カ所を竹を打ち込み、
横に長い竹を渡して柵のようにします。
d0180458_10575899.jpg
柵を作った事は、わたの枝の補強だけでなく、
ゴワゴワもりもり草が絡む道を整理し、
歩きやすくなりました。
秋の収穫時にも綿を摘みやすくなりそうです。
d0180458_1163784.jpg
横棒にどんどん綿の枝をくくりつけて、
倒れないようにしなければ。。。。

しかし、雨が降ってきたので、
残った作業は また別の日に持ち越し。
[PR]
by watabu_tsukuba | 2011-08-22 18:47

染まるって楽しい!

ワークショプの朝の天気は曇り空。
でも、涼しくて良いコンディション。
神郡の畑には多くの参加者が集まりました。
S川さんの畑の藍は すくすくと育っておりました。
先端から15センチ〜2センチくらいの長さで摘みます。
d0180458_16223395.jpg
場所を移動し、
葉っぱだけにして洗います。
絹のスカーフを染める分の葉は一人およそ60グラムほどです。
d0180458_16283956.jpg
葉を細かくちぎり、水を入れミキサーにかけました。
その液をこして染液をつくります。
d0180458_16293197.jpg
スカーフを染液にひたし、その後、色を定着させていきます。
作業する喜びと、どんどんスカーフの色が変化する 驚きの声で
会場は盛り上がっていきます。

絹のスカーフの後には、
綿のハンカチを染めました。
同じ染液なのに、あらふしぎ、
動物性の絹のスカーフは明るい水色に、
植物性の綿のハンカチは明るい緑に染まりました。
d0180458_16263788.jpg
今、わたしたちは、
パソコンの光の色、印刷物のインクの色に慣れてしまっています。
植物がくれた自然で鮮やかな色の幸せに しばし浸りました。




d0180458_1627417.jpg
事前にスタッフに染色をご指導してくださったK先生を囲んで
ワイワイしています。K先生の言葉に端々に染色のよころびが溢れています。
藍を育ててくださったS川さんからスイカの差し入れもいただき、皆でほおばり、
みずみずしい夏の一日を満喫しました。
[PR]
by watabu_tsukuba | 2011-08-20 19:19 | わた部のイベント

藍の生葉染め ワークショップ!

d0180458_20131194.jpg


四月に苗づくりをした藍で、
「生葉染め」ワークショップを開催します!

-------------------------------------------------
藍の生葉染めを体験してみませんか?
筑波山麓の畑で藍の葉を摘み、
染液をつくって染め上げます。
日時 : 8月20日(土)
集合場所&時間:午前9時30分 神郡駐車場
        ( 集合後、藍畑で生葉摘み )
体験場所&時間:午前10時30分~13時30 分
         ふれあいの里 染色体験施設
参加費 :大人 1500円( シルクのスカーフ )
小人(中学生以下)500円(木綿のハンカチ)
持ち物 :エプロン、ゴム手袋(台所用等)、手拭き用タオル
問い合わせ先 :里山建築研究所 電話029-867-1086
・先着20名 要予約(8/16締め切り)
※お昼は適宜ご持参ください。
申し込み時におにぎりの予約も可能です。
-------------------------------------------------

涼やかな水色に染まります。
皆さまの参加をおまちしておりま~す!
[PR]
by watabu_tsukuba | 2011-08-03 20:07 | わた部のイベント