カテゴリ:わた部の活動( 67 )

2016年第六回活動日

わたつみと、
実を取りおわった株を引っこ抜く作業をしました。
d0180458_09151268.jpg

ふわふわの綿はあったかそう。
d0180458_09163789.jpg


綿を紡いで糸になり、
d0180458_09170772.jpg

織って布になるという、不思議。
d0180458_09172217.jpg

せっせ、せっせ、
d0180458_09174162.jpg

その頃、こどもたちは、、
火の番をしてくれたり、
d0180458_09181362.jpg

クリスマスの飾りをつくっておりました。
d0180458_09161787.jpg

[PR]
by watabu_tsukuba | 2016-11-28 21:14 | わた部の活動

2016年 第三回活動日 芯どめ&糸を染める

d0180458_17205700.jpg
オクラに似た黄色い花が咲きました。
うすくたっぷりした花びら。
d0180458_22001404.jpg

こんな色の時も。
優雅なスカートみたい。

1m弱の株の成長点を摘み、
これ以上丈が伸びないように「芯どめ」をしました。



午後から
タマネギの皮を
カマドで煮出して染液をつくり、
スピンドルで手紡ぎした糸を染めました。
d0180458_22054211.jpg
d0180458_22061904.jpg


藍でも染めました。
いい色に染まってく~
d0180458_22075473.jpg
d0180458_22092918.jpg

[PR]
by watabu_tsukuba | 2016-08-06 16:37 | わた部の活動

2016年 第二回活動日 よりどめ、かせくり

かわいい綿の双葉。(写眞は6月初旬)
d0180458_15045459.jpg


梅雨の晴れ間の第二回の活動日、みんなで草取りをしました。

d0180458_15085883.jpg
苗の補植もしました。
今年は例年になくモグラが畑に出没し、根っこのあたりにトンネルを掘られ、
欠株がたくさん出てしまいました。




午後は、
スピンドルで手つむぎした綿をわりばしに巻いたのを釜でゆでて
「よりどめ」しました。
みなが一生懸命つむいだ、太いのや細いの、様々な個性あふれる糸たち。
きりたんぽ鍋のよう。

d0180458_15061170.jpg
d0180458_15165231.jpg
かまどの薪は近隣の里山から伐りだされた薪です。





d0180458_15194695.jpg
ゆであがった糸を
椅子の脚に巻きとり、かせにして
「かせくり」しました。

d0180458_15215506.jpg
最後に
糸におもしをかけ、ピンと張って干しました。





[PR]
by watabu_tsukuba | 2016-06-30 15:25 | わた部の活動

2016年 第一回活動日 種を蒔き、糸をつむぐ

いよいよ2016年のわた部がはじまりました。
まずは
種まき。
d0180458_15534038.jpg
地域のお年寄りから教わった方式で一晩水に浸し、灰をまぶしてあります。
d0180458_15562605.jpg
畑に皆で蒔きました。大きくなりますように。



午後ははじめての糸つむぎ。
はじめに和綿を紡ぎ織っておられる大先輩をお招きして、糸車(むいむい)の実演を見せていただきました。

d0180458_15592865.jpg
くるくる、どんどん糸が巻き取られていきます。


今回わたしたちは、糸車ではなく、
原始的なスピンドル(つむぎゴマ)で、糸をつくります。


d0180458_16035449.jpg
フワフワしたものは、
わた部で去年栽培した綿を、ふとん屋さんで繊維を均一にしてシート状に加工してもらったものです。
ここから糸ができるなんて、不思議です。
でも人がずっとしてきたこと。
さあ、みなさん、あせらずコツコツ紡いていきましょう!





[PR]
by watabu_tsukuba | 2016-06-11 15:50 | わた部の活動

参加者募集! わた部2016連続ワークショップ『綿を育て、紡ぎ、織る』


定員に達したため募集の受付を終了させていただきます。
たくさんのお問合せを頂き有り難うございました!!

d0180458_11375213.jpg
4/15(金)AM10時より、2016年度・連続ワークショップの募集を開始いたします。

筑波山麓の畑で和綿の栽培体験。

そして紡ぎ独楽“スピンドル”を使って綿から糸を紡ぎ、その糸を草木で染め、

古代人が用いたシンプルな“原始機”で機織りに挑戦! 

小さなマフラーの完成を目指します。

d0180458_22570961.jpg


【お申込み方法】

メールにてお申し込みください。
メール宛先:筑波山麓グリーン・ツーリズム推進協議会事務局 
info@tsukuba-gt.sakura.ne.jp (メールの件名を「わた部」として下さい。)
*定員に達し次第締め切りとさせていただきます。


【年間スケジュール(予定)】
・第1回 5月29(日)  種まき 糸作り
・第2回 6月26(日)  草取り〃 糸作り
・第3回 7月31(日)  草取り 〃 染色
・第4回 9月25(日)  草取り 〃 織り
・第5回 10月30(日)  収穫とわた繰り 〃織り
・第6回 11月27(日)  収穫とわた繰り 〃 織り 完成!
※雨天の場合は、手仕事のみ実施。
※お弁当持参


【活動内容】
午前 畑しごと(10時~12時)
昼食(12時~13時)
午後 手しごと (13時~15時)


【費用】
●部費
18,000円
・畑しごと(綿づくり、綿繰り等) 体験料
・手しごと講習 全6回
・糸つくり分の和綿
・原始機の材料

●材料費
2000円程度


【活動場所】 
つくば市六所の茅葺小屋及びその周辺にあるわた畑
※お車は、六所駐車場に駐車ください。(つくば市神郡2394に隣接)

d0180458_23110537.jpg


※お子様連れの参加については、ご相談ください。

このワークショップは、筑波山麓グリーン・ツーリズム推進協議会のプロジェクトの一環として行われております。



【お申込み・お問い合わせ先】

筑波山麓グリーン・ツーリズム推進協議会電話・FAX:029-867-1083

(メール申し込みの後、平日で3日以内に受付完了の返信を致します。返信がない場合メールが届いてない可能性がありますので電話にてお問い合わせください。)




[PR]
by watabu_tsukuba | 2016-04-14 17:30 | わた部の活動

第五回わた部活動日 和綿の実と綿入れ

d0180458_23424672.jpg
わたの収穫。
和綿の実は小さく下向けに開きます。
実がはぜてわたが飛び出してくる様子を、この地域の方は「ふうける」と呼びます。
d0180458_23432501.jpg
よく ふうけた実を探しながら、わた摘みをしました。



茅葺き小屋に戻り、製綿された フワフワのわたが配られました。
昨年まで栽培した綿に約1割のつくばみらい市産の和綿「弓ヶ浜綿」をブレンドした綿です。
d0180458_20265659.jpg
つまんだり、押したり、わたの手ざわり。
d0180458_20321969.jpg

「はんてん屋」木村先生から綿入れの方法が伝授されました。
無駄なく、隅々まで着る人の使い心地を考えられているはんてん作りの技です。
d0180458_20384370.jpg
あら不思議!
わたがうまく入るごとに、参加者の皆さんでパチパチと 手を叩いて喜びあいました。
d0180458_20404512.jpg




[PR]
by watabu_tsukuba | 2015-09-30 19:26 | わた部の活動

第四回わた部活動日 山麓の夏

活動場所の茅葺き小屋に向かう途中の空き地には、
祭りの山車が用意されていました。
d0180458_19411907.jpg


畑では、夏の陽を浴びて綿が すくすく育っていました。
うす黄色の花も咲いています。
d0180458_19474086.jpg

当然、雑草もすくすく、、、、。
さあ、みんなで草取りしましょう!
d0180458_19462768.jpg

畑仕事のあとは 茅葺き小屋で縫い物の続きです。
d0180458_19542855.jpg


この暑い季節にこそ来たる冬に備え家族のはんてんを縫っておくのが
昔の嫁の仕事だったとのこと。
d0180458_19563921.jpg




その頃の子供たちは、、、、
もう、夏休みのテンション全快!
虫取りを頼られるおにいちゃん。

d0180458_19591111.jpg
その後、メガネづくりが大流行!
d0180458_20024480.jpg
ビビットな色とデザインで、縫い物中のみなさんも ついつい掛けたくなってしまいました。
d0180458_20043360.jpg


そして、夏にうれしいスイカの差し入れがありました。
d0180458_20080347.jpg
d0180458_20084893.jpg
あっという間に子供たちが平らげてしまい、大人には行きわたりませんでした。



帰り道にも、祭りの提灯。
山麓の夏。
d0180458_20131845.jpg








[PR]
by watabu_tsukuba | 2015-07-21 19:38 | わた部の活動

第三回わた部活動日  草取り & 袖をつける

d0180458_00222343.jpg
深夜にドッと雨が降ったようですが、
朝にはスッキリ晴れました。
梅雨の合間の活動日です。





畑に行ってみると、、、
d0180458_22085446.jpg
先月蒔いた種から、しっかり フタバが出てました。
かわいいナ。




このワタたちのために
畝間と株間の雑草取りを開始!
d0180458_21054949.jpg

大勢でやると早いですね。
途中で何度か、背筋を伸ばしたり、水分補給したりと休憩しましたが、
あっと言う間に こんなに↓キレイになりました。
d0180458_21372867.jpg




草取りの後の針仕事は、
はんてんの脇縫いと袖付けです。
みなさん、すぐに縫い物モード。
d0180458_22294533.jpg
d0180458_21483019.jpg
先生のお話も、テキストで確認したり、メモをとったり。



表と裏、右袖と左袖、
・・・・・頭の中で混乱してしまいます。
そんな時は、先生が来て教えてくださいます。
d0180458_22355110.jpg
実際に着てみると分かりますね。
d0180458_21570697.jpg
なるほど〜。





地元のT倉さんは
今朝早くから子供たちが遊ぶ付近の草も刈ってくれ、
畑に水はけの溝も掘ってくれ、
子供たちに沢ガニも取ってくれ、
そして、掘ったばかりのジャガイモも持って来てくださいました。
d0180458_23013262.jpg
早速、茹でて、いただこう、と
かまどの火おこしに手間取っていたら、
今日のはんてん先生、火おこし名人でもありました。
(かっこよかったです)
d0180458_23040499.jpg
おかげさまで、茹でたてのホクホクを
皆でいただきました〜   熱々で持てない〜
d0180458_23054852.jpg
T倉さん、ごちそうさまでした!





さてさて、針仕事をしている間、
茅葺き小屋の外では、、、、
d0180458_22535330.jpg
沢ガニがいるぜ。

d0180458_23090253.jpg
風が強くなってきたぜ。

d0180458_00234684.jpg
雲がどんどん流れていくぜ。
d0180458_22573144.jpg
山が半分 隠れちまったぜ。
今日は お山も店じまい。






[PR]
by watabu_tsukuba | 2015-06-30 00:39 | わた部の活動

第二回わた部活動日  種まき&袖をつくる

待ち遠しかった第二回の活動日!
お天気が心配でしたが、雨マークが曇りになりました。ほっ。
d0180458_16044849.jpg
さあ、種まきしましょう!
d0180458_15421464.jpg


数粒づつ蒔いて、やさしく土をかぶせていきます。
d0180458_15433142.jpg
芽がでて、秋にはふわふわの実がなりますように!

d0180458_15455184.jpg
五月なのに、夏のような暑さ!
紫外線もジリジリきます。
あまり無理せず、終ったら茅葺き小屋にもどりましょう。



針しごとが始まりました。
「今日は袖をつくりますよ〜」
d0180458_15482712.jpg

分からない時には先生におたづねします。
そばに来て丁寧に説明してくださいます。
近くの人同士、教え合ったりもします。
d0180458_15493079.jpg
d0180458_16455197.jpg
袖口布をチクチク縫って付けています。
静かな時間、集中してます。


その頃、子供たちは・・・
好きな事で自然にかたまりになってました。
ここは、「お姉さん読書部」。
ひとり静かに本を読んだり、
小さい子によみきかせしてたり。。。
d0180458_16164914.jpg
ここは、「男子マンガ部」。
男子しか分からないポイントで盛り上がってました!
忍者や 謎の生き物のスペック。かっこいいって、こういう事か、、、、。
d0180458_16191030.jpg
d0180458_16193742.jpg


近くの田んぼで、カエルやタニシを見つけにも行きました。
ごにょごにょ動いたり、ピャンッと、泳いで見えなくなったり、
山のふもとは生き物がいっぱい!
d0180458_16005768.jpg




茅葺きの横にある樹には、たわわに梅が。
d0180458_16255598.jpg
落ちた実からも、甘酸っぱい香り。
d0180458_16271616.jpg
もう、夏。








[PR]
by watabu_tsukuba | 2015-06-02 15:38 | わた部の活動

花の第一回わた部活動日♪

さわやかな4月の神郡。
d0180458_16031725.jpg

ふかふかの八重桜も
d0180458_16063357.jpg
鮮やかな菜の花もウェルカムしてます。
d0180458_14083842.jpg
ここは六所のかやぶき小屋です。



朝10時、ぞくぞくと参加者のみなさんがあつまり、
I部長から、これからの予定、わた部がはじまった経緯の説明、
地域のこと、スタッフ紹介などさせていただきました。
d0180458_14194568.jpg

ぽかぽかだけど強い日差しの中、
これからわたを植える畑の整備をしました。
筑波山も見守っています。
d0180458_14211226.jpg
段々になっている畑のここかしこの雑草をぬきました。
畑の管理をしているYさんは、多くの人手できれいになっていくのを
よろこんでおりました。





雑草取りのあとは、かやぶき小屋に戻り、
はんてん作りについてT先生とM先生から教わります。
d0180458_14330840.jpg

まずは、はんてんの布選び。
d0180458_15481587.jpg
着てみたい布、似合うのはどれかな。みなさん、迷いに迷ってます。
独特の熱気。
d0180458_15553818.jpg


お昼ご飯のあと、
いよいよ布の裁断をはじめました。
おっ!奥で男性も真剣な表情で取り組んでおります。
d0180458_16124208.jpg
秋に出来上がるのが楽しみですね。



その頃、子供たちは、、、
なにやら協力して作っております。
d0180458_16173573.jpg
鯉のぼりができました!もうすぐ5月の節句ですものね。
d0180458_16201462.jpg
新聞紙で兜もつくりました。
中学生のおにいさんも手伝ってくれました。
d0180458_16222717.jpg




そうしてるうちに、夕方が近づき、
土が見えてた田んぼには、すっかり水が張られてました。
d0180458_16250131.jpg
大人も子供も熱中し
何かを作ったり、ウキウキしたり。
充実した時間は、早くすぎてしまうもの。
また、来月にお会いしましょう。








[PR]
by watabu_tsukuba | 2015-04-27 16:26 | わた部の活動