蚕の配布と「蚕についてのおはなし会」

d0180458_10404587.jpg
7月26日、今日は蚕の配布と「蚕についてのおはなし会」。
夏休みの暑い日でしたが、
たくさんの子供たちが来てくれました。




蚕ハカセが
(つくば市にある農業生物資源研究所の飯塚哲也先生)
蚕と蚕がつくる繭について教えてくれました。
d0180458_1047545.jpg
蚕は桑の葉を食べて大きくなり、繭を作り、
出来た繭から絹糸や真綿をつくることができる不思議な虫です。



また、ここ田井地区の元養蚕農家さんのお話もきくことができました。
ここは「種繭」(養蚕農家がこれをもとに蚕を飼育して繭をつくる)の産地だったそうです。
当時蚕を飼う時に使っていた「回転まぶし」という器具をみせてくれました。
d0180458_10424070.jpg
蚕が上にのぼる習性を利用して、上の部屋に多くの蚕が入ったら
回転してその部分が下になり、
別の蚕がまたのぼっていき、上の部屋に入り、
まんべんなくすべての部屋に蚕がはいる仕組みの器具です。


もう何度も蚕をかっているお子さんの経験も聞く事ができました。
すてきなコレクションでしょう?
蚕と繭がとっても好きなのが伝わってきます。
d0180458_10432796.jpg



さあ、いよいよ、蚕を配布。
今回は4齢中の蚕たちを10〜20頭づつ、みんなの家で飼ってもらいます!
d0180458_10435995.jpg


養蚕を祀る蚕影神社も見に行きました。
d0180458_1046693.jpg


その後、
蚕のごはんである桑が、このあたりでどこに生えているか、教えてもらいました。
もりもり食べて大きくなるから、
毎日おいしい桑の葉をあげてね。
さあ、
どんな繭ができるかな?
[PR]
by watabu_tsukuba | 2012-07-29 20:31 | わた部のイベント


<< ゴーヤ棚、綿、へちま VS 草 >>