わたのつぼみと馬糞と鍬

草取りの宿題 あと少し!
今朝は7時ごろからはんてんやM部員とY部員で作業。
わたのツボミも見つけました。かわいいなあ。
d0180458_12232798.jpg


d0180458_12245595.jpg

「やった~、草取り100%終わったぞ〜!」

早速、畑を貸してくださっているSさんを呼んだところ、
「ここまでやったなら、こっちも抜かなくちゃな」と。

Sさんの指摘の内容は、
十分に土寄せするために東西のヘリ部分も、50cmくらいずつ きれいに草取りしたほうがよい、とのこと。
冷静な指導が・・うう。


夏真っ盛りのため、体力は尽き、
心地よく作業ができる時間も過ぎていたので、作業は一旦休止。
Sさんに肥料となる馬糞をもらいにいきました。

d0180458_1227769.jpg


馬糞は十分発酵しているようで、臭いはほとんどありませんでした。
おがくずと混ぜているそうです。
袋詰めして、20袋を畑に置いてあります。
馬糞は、化成肥料まで終えた畝に、綿の根元にスポットで置いていけばよいとのこと。
Sさんに3株ほど見本を作ってもらいました。

d0180458_12304638.jpg

馬糞の見本づくり後、中耕をしようと思ったのですが、
土がカチカチになっていて体力の限界もあり歯がたちませんでした。
そのため今日の作業はここまで。
朝露や夕立で土が柔らかくなってからのほうが、やりやすそうです。


Sさんから、中耕(土寄せ)用の大きな鍬と、
草取りで抜いた後にまた根付いた草をかっぱぐ用の小さな鍬の2本もお借りしました。
d0180458_1228311.jpg

小さな鍬には、なんと「K子」の文字が。
Sさんの奥さんの形見!?
寄り添うふたつの鍬は、Sさんと奥さんみたいですね。
奥様も、わた部を応援してくださっていたと聞いています。
大事に使わせていただきます。


まだ馬糞播きまで作業が残ってますが、
体を一番にして、がんばりましょう~!
[PR]
by watabu_tsukuba | 2010-08-08 12:08 | わた部の活動


<< 草刈は終了だワン 夏の宿題は朝飯前 >>