芽がでた!

やった〜!
種をまいたところも発芽していました〜(Y部員発見)

ちょうど畑を貸してくださっているSさんに会ったら、
Sさんも「芽が出たな」と喜んでいました。
うれしいですね。
d0180458_1526119.jpg



I部員とM部員は、なぜだかにょきにょき、きのこを発見。
昨日の雨は恵みの雨でした。
・・・きっと、この雨と暑さで、雑草の生育も良いでしょう。
草取りしてあげないと!

d0180458_15295714.jpg

今朝、
道を挟んだ向かいの田をやっておられるおじいさんと話をしました。
「何やっているのかなあ。。」と、気になっておられたそうです。
私たちの綿の話をしたら、
そのおじいさんのおばあさん(!)が綿栽培をして、ちゃんちゃんこをつくっていたとか。
絹の綿(真綿)をしいて、その上に綿をつめたとのこと。

昔は、木綿わたの質(製綿の方法だと思います)が悪く切れやすかったので、
お布団でもはんてんでも、必ず薄~く真綿を敷いてから綿を入れたんだそうです。
きっと、その真綿も、自給していたんでしょうね。
いつか、わた部も養蚕まで発展できたらいいなあ。

また、六所(ろくしょ)のMさんからも話を聞く事ができました。
自給した蚕のくず繭を敷いたそうです。
あと、綿のズレ止めの効果もあったとか。
奥深い生活の知恵だったんですねぇ。またもや、感心。


わた畑を通じて、地元の方から色々とお話を聞き、知ることができる
植物の力、人の知恵。
ちゃんと記録に残しておけるとよいなあ・・・・・
[PR]
by watabu_tsukuba | 2010-06-24 15:21 | わた部の活動


<< 綿は植えたら、寝て待て わたの種を蒔く >>